これだけは知っておきたい
むちうち症対応整骨院 > これだけは知っておきたい

これだけは知っておきたい

賠償の話・書類作成について

賠償の話や書類の作成は通常、治療をある程度して症状が落ち着いたか、症状が固定してから、保険会社が条件を提示してきて示談交渉に入ってくるもので、交通事故にかかった費用全体がはっきりしてから行うものです。
損害保険を使った場合、加害者との間に保険会社が入って話し合いが行われる事が多いようです。
示談交渉で自分が納得できない場合は書類にサインする必要はありません。
一度でもサインしてしまうとそれで示談が成立してしまうので、よく考えてから行うようにしましょう。

事故後できるだけ早く病院に行きましょう

交通事故での怪我は事故直後は症状が軽く、後から痛みが強くなるケースが少なくありません。ですから痛みが軽くても必ず病院に行きましょう。 また、1週間以上たってから行った場合事故との因果関係が証明しづらくなり、治療費が保険会社から下りなくなる事もあります。必ず事故当日、次の日には行きましょう。原則、費用は保険会社が負担します。(一時、本人が立て替える事になります)

事故後できるだけ早く事故が起きた旨を保険会社へ伝えましょう

時間の経過とともに事故に関する証拠集め、記憶などがあいまいになり事故の状況を証明するのが難しくなるので、事故の起きた当日もしくは、次の日には連絡しましょう。(加害者側には連絡義務があります)

警察へ届け出る(交通事故証明をとる)

事故に遭ったらその場で警察へ連絡しましょう。
警察に連絡しないと「事故証明書」が発行されません。
発行されないと、保険が下りなくなる可能性があります。

加害者と連絡先を交換しておきましょう

事故後通常は加害者と被害者の間に保険会社が間にはいるので直接話すのは最初だけだと思いますが、一応お互いの連絡先はいつでもとれるようにしておいた方がいいです。
(加害者の氏名・自宅と携帯番号・自動車の登録ナンバーなど)

領収書は必ず取っておきましょう(治療費,交通費,診断書料など)

タクシー領収書(タクシー代は怪我の症状がかなり重い場合のみ保険会社が費用を負担します)、医師の診断書作成料などの領収書はすべて大切に保管しましょう。領収書が有れば後日、保険会社に請求できます。

通院する病院・整骨院は患者さん本人で決められる

事故直後は搬送先の病院か、事故現場の近くの病院に自分の足で行く事になると思いますが、その後は自分の通いやすい病院又は整骨院(接骨院)を探して自分で選ぶ事が出来ます。
注意:保険会社の担当者によっては、整骨院はやめて整形外科にするように指定してくる事がありますが、あくまでも治療院を決めるのは患者さん本人に権利があります。また、保険会社に通院先を決める事はできません。

通院先を決めたら保険会社に連絡しましょう

通院先を決めたら、保険会社の担当者に治療院の名前・連絡先(電話番号・住所)を伝え一応許可をとって下さい。(基本通院先を変えたりする場合、保険会社さんの許可をとりましょう)

通院間隔を1ヶ月以上空けない

治療期間中に1ヶ月まるまる通院しないと、自賠責保険が使えなくなるケースがあります。仕事が忙しいなど何らかの事情で1ヶ月以上間を空ける場合、必ず保険会社に連絡しましょう。

お気軽にお電話下さい

contact